カーペットについてシミ・汚れをキレイに落とす方法

カーペットについてしまっているシミとか汚れは、引越しをして出ていくときにキレイに落とす必要がでてきます。

水性の汚れを落とすには

まず、カーペットの汚れを落とす方法ですが、汚れが水性なのか油性なのか、ただの泥水なのかによって落とし方も違ってきます。水溶性の汚れの場合には、まず、ティッシュとか乾いた布で吸い取ります。

バターなどで汚くなっているような場合は、フォークなどで取り除くことがおすすめです。洗剤を使って落とす人もいますが、洗剤も量が多いとさらに汚くなってしまいます。そのため、洗剤を使うときには、水で薄めて使うことが大切になります。

台所用の洗剤には、成分が強いものが多いので注意が必要です。汚くなっている部分の周囲から、中心に向けて拭きとっていくことで、広がっていくことを防ぎます。

漂白剤などはカーペットの変色を招いてしまうので、使わないことが大切です。汚い部分がなくなったら、固く絞ったきれいな雑巾などで洗剤分を取り除くことが大事です。

 

油性の汚れを落とすコツ

油性の汚れを取るコツですが、少量のベンジンをきれいな雑巾にしみこませます。そして、その雑巾を、汚い部分の中央に向かってたたくように拭きとっていきます。そのあと、台所用の洗剤を水でうすめ、雑巾にしみこませて中央に向かいたたくようにふき取ります。最後にきれいな水をしみこませたティッシュで拭き、もう一度固くし折った雑巾で洗剤分を完全にふき取り終わりです。

泥などの汚れは、最初にスプーンなどで泥を取り除きます。そして、ドライヤーを汚い部分にあててゆっくりと乾燥させます。そのあと、柔らかいブラシなどで十分にブラッシングし、電気掃除機で吸い取ります。このようなやり方で、たいていのカーペットの汚れはきれいになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です