大手引越し業者・地域密着型中小業者、それぞれのメリットどデメリット、タイプ別のおすすめはどっち?

ここでは、私自身の引越しの経験を踏まえて、大手引越し業者と地域密着型の中小業者の違い、メリットやデメリットなどに触れていきたいと思います。

 

大手引越し業者のメリットとデメリット

過去に5回ほど引っ越しをした経験があります。過去の引っ越しは、大手引越し業者が4回、地域密着型中小業者が1回だったと思います。

大手引越し業者メリットですが、やはり安心と保証でしょうか。社員さんもみなさん一定の経験を積まれてますし、損害等が発生しても多分保険に加入していてそれで保証してくるように思えます。

逆に、大手引越し業者メデリットですが、やはり価格ではないでしょうか。広告等にお金も人件費もかかっているようですし・・・。料金については、イメージ通り、大手が割高で中小がすこし安いくらいだと思います。料金の分、ブランド力や安心感を得ることが出来るのでその料金と思えばいいかと思います。

 

中小業者のメリットとデメリット

地域密着型中小業者のメリットですが、やはり小回りが利くというのがメリットだと思えます。小規模な引越しだと大手よりもなんとなく安いような・・・。事実、以前、同一マンションの違う階に引越した時に利用したのが、地域密着型中小業者でした。手間賃だけで、大きな家財をいくつも移動しましたが1万円程度でやってくれた記憶があります。業者が指定するプランだけでなく、融通の利く対応をしてくれるのが中小業者の一番のメリットではないかと思います。

域密着型中小業者のデメリットですが、引っ越し業者そのものへの知識がなく、スタッフがアルバイトや派遣の場合だとこちらが不安になったり、作業中での動産等の損害を受けた場合の補償が気になります。

 

相見積りをすることで料金は安くできる

引越タイプ(単身/家族)のおすすめはやはり単身のほうが安く済みそうです。私の経験からすると、引っ越しの見積もり複数の相見積もりをすること。以前した引っ越しでは同じ引越内容なのに10万程度の開きもありました。それと、大手引越し会社はノルマがきついのでしょうか・・・。

相見積もりが前提であると見積もったのに今ここで他社の相見積もりを断ってくれたら、5000円引きますとか、割と強引に言ってきた業者が多かったのが印象です。

また、あまり制限を掛けないというのも安く済ませるポイントであると思います。例えば、時間・曜日等の縛りがないほうが、空いた時間で引越しをしてくれるみたいで、実際私も引っ越し会社のお任せの時間・日時で、仕事を休んで引っ越しをしました。すなわち、引っ越しを私の都合に合わせるのではなく、引っ越し会社の都合に合わせて引っ越しをしたということです。

時間帯や曜日を選ばないことで、引越し料金はかなり安くなります。これは大手でも中小でも変わらないので、どちらを選ぶかどうかに関係なく、こちら側の制限をなくすことは重要です。

 

まとめ

初めての引越しであれば、おそらく大手の有名引越し業者の方が安心だと思います。きっちり自分に当てはまるプランやコースを選び、引越しをしましょう。逆に、引越しに慣れている場合は、複数の業者へ見積もりを取って、一番安く引越しできる業者を選ぶ作業を必ず行いましょう。大手・中小に関係なく、あなたに合ったプランや料金が必ずあるはずなので、しっかりと必要なサービスを見極めて選びましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です