退去時の清掃と敷金の関係

アパートやマンション、あるいは一戸建てなどの賃貸物件を退去する場合、掃除をおこなうことで敷金が戻ってくる場合があります。

そもそも賃貸物件の敷金につきましては、引越しなどで退去するときに返金してもらえる契約になっているのが一般的ですが、部屋が汚れたままにしておきますと、退去時に敷金が戻らないというケースもあります。

これはどういうことかと言いますと、貸し主としては汚れた部屋を清掃しなければなりませんから、清掃業者に掃除を依頼するなどしてコストがかかるからです。ですから、借りていた側が引越しなどで退去する際に掃除をしておけば、貸し主は清掃業者に依頼する手間もコストもかかりませんから、その分敷金が戻ってくるという理屈になっているわけです。

このようなことから、引越しなどでアパートやマンションを退去するときには、部屋を借りていた側が自分で掃除をおこなえば敷金が戻ってくる場合がありますので、多少手間取ったりすることがあっても自分で掃除をすることをおすすめします。

引越しにはお金がかかりますから、退去するときに少しでもお金が戻ってくれば、新たな引越し費用の足しにもできますし、なによりも、これまで自分が使っていた部屋をきれいに清掃するというのは、気分的にもすがすがしいことであるのは間違いありません。ですから、引越しの際に退去するときに、借りていた部屋をきれいに掃除するということは、敷金が返金されるという経済的な面でも、すがすがしいという精神的な面においてもメリットがあると言えるわけです。

このように、自分でアパートの部屋を清掃することによって、敷金が戻ってくることがありますので、きちんと確認することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です