引越し当日に?追加料金が発生するのはどんな時?(ペット・エレベーター・道幅・クレーン車)

クレーン車が必要な時

引越しをする時に道幅が狭い時、ペットの輸送が必要な時、大きな荷物が在り、エレベーターでは運ぶ事が出来ないため、クレーン車を利用する時などは事前に打ち合わせをしておかないと追加料金が必要になる事も珍しく在りません。

また、クレーン車と言うのは、予め打ち合わせの中で必要とされる場合には引越し時に車両を運んでくることが出来るため、直ぐに対応が取れますが、荷物の搬出や搬入を行う時にエレベーターで運べないと言った場合にはクレーン車を運んで来る事になるため、作業が中断してしまう事も在りますし、車両待ちと言う事からも引越し作業がスムーズに行われない事も在ります。当然ながら、このようなケースでは追加料金が発生する形になりますので注意が必要です。

 

ペットの輸送が必要な時

大きな犬などを飼育している場合には、専用のゲージを使って輸送をすることになります。買主がペットを事前に連れて行くと言う場合には引越しにおいての追加料金は発生しませんが、トラックなどを利用してペットを輸送する場合、ペットは生き物と言う事からも大切に運ぶ事になり、料金も多く掛かることになります。

 

高層マンションへの引越し

尚、高層マンションなどの場合は、高層階からの搬出、高層階への搬入が必要になるため、普通のマンションと比較をすると目的の階までに行くのに時間がかかることになり、その分の料金が追加と言う形で徴収されるというケースも在ります。

エレベーターが少ない(1基しかない)時

また、エレベーターはマンションに住む人々の生活の足となる乗り物でもあり、住民の人が優先と言う形になるため、エレベーターの設置数が1基となっている場合などでは荷物の搬出や搬入にかかる時間も長くなり、料金としては高くなるケースも在ります。

建物周辺の道路幅が狭い時

尚、引越し先などの建築物の近くの道路幅が狭い場合などでは直接トラックが入れない場合も在り、人力などによる輸送距離が長くなり追加料金が発生する事も在ることからも事前に打ち合わせを行っておく事が大切です。